2008年02月17日

調剤報酬請求事務専門士検定試験

調剤報酬請求事務専門士検定試験



  1. 資格の概要

  2. 即戦力となる人材育成や雇用に結びつく資格を目的にした検定試験。調剤事務において唯一公式に履歴書等に記載できる資格で薬剤師にも注目されている。また、検定内容は1級、2級、通信2級、通信3級と分かれる。

  3. 受験対象者

  4. 年齢・性別・学歴に関係なく受験できる。

  5. 試験科目


  6. 1級調剤報酬請求事務専門士検定試験
    学科

    1. 薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、容量、薬理作用、副作用、禁忌、相互作用等の薬物知識)

    2. 医薬品関連の法規(調剤薬局における用語、理論、役割など)

    3. 医療保険制度

    4. 調剤関連の法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)

    5. 調剤報酬請求


    実技

    1. 一般、老人、小児処方箋より4症例のレセプト作成(1症例は手書き)


    2級調剤報酬請求事務専門士検定試験
    学科
       
    1. 薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、容量、薬理作用)

    2. 医療保険制度

    3. 調剤関連の法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)

    4. 調剤報酬請求


    実技

    1. 一般、老人、小児処方箋より3症例のレセプト作成


    通信2級調剤報酬請求事務専門士検定試験
    学科
       
    1. 薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、容量、薬理作用)

    2. 医療保険制度

    3. 調剤関連の法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)

    4. 調剤報酬請求


    実技

    1. 一般、老人、小児処方箋より3症例のレセプト作成


    通信3級調剤報酬請求事務専門士検定試験
    学科
       
    1. 薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、容量、薬理作用)

    2. 医療保険制度

    3. 調剤関連の法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)

    4. 調剤報酬請求


    実技

    1. 一般、老人、小児処方箋より3症例のレセプト作成


  7. 日程

  8. 年2回(7月第1土曜日、12月第1土曜日)
    通信2級は在宅受験も可、通信3級は在宅受験のみ

  9. 受験料

  10. 会場
    1級 5,800円
    2級 4,800円

    通信(FAX)
    2級 7,800円
    3級 6,800円

  11. 受験会場

  12. 北海道、東北、上越、北陸、北関東、南関東、中部、阪神、中国、九州

  13. 合格発表

  14. 合否は試験実施日から約1ヶ月後に郵送にて通知。合格者には認定証が発行される。

  15. 合格率

  16. 1級 20%程度
    2級 40%程度
    通信2級 35%程度
    通信3級 55%程度

  17. 主催団体

  18. 調剤報酬請求事務専門士検定協会


ケイコとマナブ医療事務通信講座ケイコとマナブに掲載している医療事務通信講座では、各種コースを紹介しています。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ!
ケイコとマナブ医療事務講座ケイコとマナブに掲載している医療事務講座では、各種スクールを紹介しています。
サイトに移動したらお住まいの地域を指定して下さい。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ



posted by 医療事務マスタ at 11:40| 医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。