2008年02月05日

診療報酬請求事務能力認定試験

診療報酬請求事務能力認定試験



  1. 資格の概要

  2. 診療報酬請求事務に従事する者の資質向上を目的とし、もっともポピュラーで信頼度の高い全国一斉統一試験。試験は医科と歯科に区分されている。

  3. 受験対象者

  4. 年齢・性別・学歴に関係なく受験できる。

  5. 試験科目


  6. 学科試験

    1. 医療保険制度等・公費負担医療制度の概要

    2. 保険医療機関等・療養担当規則等の基礎知識

    3. 診療報酬等・薬価基準・材料価格基準の基礎知識

    4. 医療用語及び医学・薬学の基礎知識

    5. 医療関係法規の基礎知識

    6. 介護保険制度の概要の知識


    実技試験
       
      診療報酬請求事務の実技

  7. 日程

  8. 年2回(7月と12月の日曜または祝日)

  9. 受験料

  10. 7,500円

  11. 受験会場

  12. 札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、東京都、横浜市、新潟市、金沢市、静岡市、名古屋市、大阪府、岡山市、広島市、高松市、福岡市、熊本市、那覇市

  13. 合格発表

  14. 合否の基準などは公表されていないため、合格ラインの特定は困難であり、学科と実技のバランスが取れている事が重要だと考えられる。発表については、試験月の翌々月末までに合否を文章にて通知し、合格者には認定証を交付する。また、合格者の発表は、「協会だより」、「社会保険旬報」及びホームページに掲載する。

  15. 合格率

  16. 医科:30%前後
    歯科:40%前後

  17. 主催団体

  18. 財団法人日本医療保険事務協会

  19. その他

  20. 診療報酬点数表やその他の資料を試験会場へ自由に持ち込む事ができる。


ケイコとマナブ医療事務通信講座ケイコとマナブに掲載している医療事務通信講座では、各種コースを紹介しています。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ!
ケイコとマナブ医療事務講座ケイコとマナブに掲載している医療事務講座では、各種スクールを紹介しています。
サイトに移動したらお住まいの地域を指定して下さい。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ



posted by 医療事務マスタ at 22:07| 医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。