2008年02月03日

有利な資格

医療事務で有利な資格について

医療事務の資格は多くの種類があり、それぞれの特徴を知っておく必要があります。
まず最初は、基礎的な資格を選択する事をお勧めします。
その後は、スキルアップの為に専門的な資格にチャレンジし、仕事の幅を広げるのも良いでしょう。
ここでは代表的な医療事務の有利な資格について代表的なものを紹介します。

医療事務講座資格先生.jpg

  1. スタンダードな資格

  2. 医科事務をめざす

  3. 歯科事務をめざす

  4. 調剤事務をめざす

  5. スキルアップの為の資格






ケイコとマナブ医療事務通信講座ケイコとマナブに掲載している医療事務通信講座では、各種コースを紹介しています。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ!
ケイコとマナブ医療事務講座ケイコとマナブに掲載している医療事務講座では、各種スクールを紹介しています。
サイトに移動したらお住まいの地域を指定して下さい。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ





  1. スタンダードな資格

  2. 医療事務でのスタンダードな資格と言えば、メディカルクラークに関するものです。
    メディカルクラークとは、受付業務、診療報酬明細書の作成、カルテの管理などを行う人の事を言います。
    メディカルクラークの称号が、与えられる唯一の試験と言えば、医療事務技能審査試験で、これは、厚生労働省が認定する公益法人が実施しています。
    この資格を取得していると、医療事務のスペシャリストとして、ほとんどの医療機関で活かすことができるため、まず最初に取得する資格としてお勧めします。
    スキルアップをめざす人は、この資格を取得してから他の資格を取得し、仕事の幅を広げましょう。


  3. 医科事務をめざす

  4. 医療事務技能審査試験と診療報酬請求事務能力認定試験の二つが医科事務の代表的な資格試験です。
    以下に、一般的な医科事務の資格試験を記載しましたので、参考にして下さい。



  5. 歯科事務をめざす

  6. 歯科事務は、限定した資格はなく、医科事務と同じ試験を受ける事になります。しかし、医科ではなく歯科を選択して受験します。一般的な医科事務の知識とともに歯科に関する知識も必要になります。
    以下に、一般的な歯科事務の資格試験を記載しましたので、参考にして下さい。



  7. 調剤事務をめざす

  8. 調剤事務では、レセプトの知識の他に処方箋を読み取る能力が必要になります。また、調剤服用歴管理指導録への記入能力も必要です。調剤服用歴管理指導録とは、患者様の薬の履歴を記録するもので、これは病院のカルテにあたります。
    以下に、一般的な調剤事務の資格試験を記載しましたので、参考にして下さい。



  9. スキルアップの為の資格

  10. 医科事務の資格の中には、医療秘書医事コンピュータ医療情報管理などといった資格もあり、どの資格試験においても基本的な医療事務の知識があることが前提になります。
    何れにしてもスタンダードな資格を取得してからスキルアップのために資格を取得すると良いでしょう。
    以下に、この三つの資格に関連する資格試験を記載しましたので、参考にして下さい。

    1. 医療秘書

    2. 一般的な秘書とは違い、医学や薬学などの知識、医療法規、レセプトの作成、簿記などの知識や技能が必要です。

    3. 医事コンピュータ

    4. 医事コンピュータでレセプトを作成する、知識や技術を専門にする資格です。

    5. 医療情報管理

    6. 診療、治療、検査などの情報やデータなどの処理を専門にする資格です。







posted by 医療事務マスタ at 00:31| 医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。