2007年11月23日

医療事務に向く人って?

医療事務に向く人について
医療事務の仕事では、医療事務の知識や技能など基本的な事ができることが前提となりますが、それ以外の必要な能力や適正などについて簡単に説明します。
医療事務講座資格先生.jpg

  1. 人を思いやる事が出来る人

  2. 人と接するのが好きな人

  3. 責任感や正義感がある人

  4. 調べる事が得意な人






ケイコとマナブ医療事務通信講座ケイコとマナブに掲載している医療事務通信講座では、各種コースを紹介しています。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ!
ケイコとマナブ医療事務講座ケイコとマナブに掲載している医療事務講座では、各種スクールを紹介しています。
サイトに移動したらお住まいの地域を指定して下さい。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ




1. 人を思いやる事が出来る人
医療事務の受付窓口では、フロアーの中に困っている患者様や非常に具合の悪い患者様が居ないか常に気を配る必要があります。そういった患者様を見かけたら、声を掛けその状況にあった適切な対応をとる事が必要です。またお年寄りなどには、相手の話を良く聞いて理解し不安などを取り除いてあげる事も必要です。こういった事は、簡単な様に思えますがこれは患者様に対しての思いやりの気持ちがないと、どうしても忘れがちになってしまいます、ですので人を思いやる事の出来る人に向いています。


2. 人と接するのが好きな人
医療事務の仕事は、患者様へのサービス業務もありますので、どうしても人と接する機会が多くなります。また、患者様への対応も常に笑顔を心掛けてわかりやすく説明する事も必要になりますので、人と接するのが好きな人に向いています。



3. 責任感や正義感がある人
医療事務では、カルテ管理といった仕事があります。そのカルテには、患者様の個人情報が多く記載されています。その為、カルテの管理はしっかりしなければなりません。また、仕事で得た個人情報は絶対に漏らしてはいけませんので、責任感や正義感の強い人に向いています。



4. 調べる事が得意な人
医療事務では、レセプト請求を審査支払い機関に請求しますが、レセプトの請求を行うには、診療報酬の点数をパソコンで計算します。しかし、入力漏れなどのミスが無いか確認しなければなりません。その為には、診療報酬点数表という資料の中から、必要なものを迅速に調べなければなりません。また、医療保険の内容についても同じように調べなければなりませんので、調べる事が得意な人に向いています。
※医療機関では、レセコンのようにコンピュータを導入していますので、パソコンも使えた方が有利です。




posted by 医療事務マスタ at 20:46| 医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。