2007年11月10日

どんな場所で働けるの?

医療事務スタッフの働ける場所について
医療事務のスタッフが働ける場所は、医療機関によって様々です。ここでは、代表的なものを紹介します。
医療事務講座資格先生.jpg

  1. 病院

  2. 医院・診療所

  3. 歯科医院

  4. 調剤薬局

  5. その他





ケイコとマナブ医療事務通信講座ケイコとマナブに掲載している医療事務通信講座では、各種コースを紹介しています。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ!
ケイコとマナブ医療事務講座ケイコとマナブに掲載している医療事務講座では、各種スクールを紹介しています。
サイトに移動したらお住まいの地域を指定して下さい。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ




1. 病院
患者様が入院できるベッドが20床以上ある施設を病院といいます。病院といっても、内科、外科、小児科、産婦人科など多くの診療科があり、外来、入院患者へのサービス業務レセプト業務など色々とわかれています。
また、大学病院のような大きなところでは、それぞれの仕事の分担がされていて、医療秘書や病院クラークの仕事も特に多い傾向にあります。
効率よく仕事をこなす事が必要な為、病院も大学病院も仕事が分業されています。専門的なより良い人材を望んでいるため、人材派遣や代行業者を雇うケースも多くあります。



2. 医院・診療所
患者様が入院できるベッドが19床以下、または入院施設のない医療施設を診療所といいます。医療スタッフの人数が少ないため一人で抱える業務が多くなります。
窓口の限られた場所で、ほとんどの仕事をする事になりますので、幅広く仕事を身につければ、どんな病院や医院でも通用できます。



3. 歯科医院
医療事務は医科と歯科の二つに分れていて歯科で働く医療事務は、歯科助手とも呼ばれています。医療事務の仕事の他に、歯科医や歯科衛生士の補助などもします。
医療事務のスタッフは歯科助手とも呼ばれます。また、
医院・診療所と同じで医療事務スタッフが少ないので一人で抱える業務は多くなります。



4. 調剤薬局
処方箋をもとに薬剤師が薬を調剤し、正しい飲み方の指導をしながら薬をわたす所です。受付、患者様への応対、調剤報酬の請求などをします。
最近は、ほとんどの病院や診療所で医薬の分業化が進み、院外処方が定着しています。ドラッグストアーでも調剤薬局を設置している所も増えてきている為、調剤事務を担う医療事務が注目を集めています。



5. その他
看護ステーション、リハビリテーションセンター、健康診断を行う診療施設、訪問看護ステーションなど、医療関連の企業など働ける場所は多くあります。




posted by 医療事務マスタ at 20:51| 医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。