2007年11月08日

医療事務ってどんな仕事?

医療事務の仕事について
高齢化社会の日本で、最近ますます注目をあびているのが医療事務の仕事です。医療事務の仕事と一言でいっても、勤務形態や仕事内容によっても様々あります。そんな医療事務の仕事をここでは大きく4つに分けて説明します。

医療事務講座資格先生.jpg

  1. 患者様へのサービス業務

  2. レセプト業務

  3. 秘書業務

  4. その他の業務






ケイコとマナブ医療事務通信講座ケイコとマナブに掲載している医療事務通信講座では、各種コースを紹介しています。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ!
ケイコとマナブ医療事務講座ケイコとマナブに掲載している医療事務講座では、各種スクールを紹介しています。
サイトに移動したらお住まいの地域を指定して下さい。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ




1. 患者様へのサービス業務


患者様には、外来患者様と入院患者様の二通りあります。

  • 外来患者様へのサービス業務

  • 医療事務の仕事で、患者様と一番接する機会が多い業務で、初診、再診、予約などの受付や会計を行います。主な内容として受付では、診察券の発行、保険証の確認、カルテなどの基本書類の作成や搬送、診察室への案内などがあり、会計では、診察が終わった患者様の診察費を計算し、薬が必要であれば処方箋を渡します。


  • 入院患者様へのサービス業務

  • 通常は外来と入院とでは、担当が分かれて分担が違います。患者様の入院が決まったら、入院のカルテなどの基本書類を作成し入院の準備をすすめます。また、入院診察費などの説明をします。会計では、入院費の計算をして退院許可書の発行や、関係部署などに連絡をとります。




2. レセプト業務


医療事務で欠かせない仕事の一つで、正しくは診療報酬請求業務と言います。保険診療が適用される場合は、健康保険証を提示すると一部の診療費を負担するだけですみます。そこで、残りの費用を、患者様が加入している保険者(市町村など)に請求しなければなりません。医療事務では、診察内容から診療報酬点数を計算し、レセプトを作成してから審査支払い機関に診察報酬を請求します。


3. 秘書業務


大学病院などの大きな病院では秘書業務も医療事務の仕事です。
秘書業務も大きく分けて二つあります。

  • 医療秘書

  • 担当する人(院長や看護部長)によってわかれ、スケジュール管理、書類の作成、電話対応などをします。


  • 病棟クラーク

  • 各病棟のナースステーションに配属され、カルテやレントゲンなどの整理をします。




4. その他の業務


この中では、オペレーション業務が代表的なもので、最近ではレセプトを作成する際に、レセプトコンピュータ(レセコン)を多く使用しています。そのため、伝票をレセコンに打ち込む作業が必要で、しかも各書類の情報やデータを正確に読み取る知識が求められます。ほかにも未収金の管理、病床利用状況など統計業務もあります。




posted by 医療事務マスタ at 18:28| 医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。