2008年08月27日

専修学校や短大の特徴

専修学校や短大の特徴について

医療事務の資格を取得するにあたり専修学校や短大で勉強をすすめる方法もあります。1〜3年学校に通い、一般教養など他の講座とあわせて学習できます。
ここでは、専修学校や短大に関してのポイントを簡単に紹介します。

医療事務講座資格先生.jpg

  1. メリットとデメリット

  2. 選ぶポイント






ケイコとマナブ医療事務通信講座ケイコとマナブに掲載している医療事務通信講座では、各種コースを紹介しています。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ!
ケイコとマナブ医療事務講座ケイコとマナブに掲載している医療事務講座では、各種スクールを紹介しています。
サイトに移動したらお住まいの地域を指定して下さい。
一括で資料請求が出来て簡単ですよ





  1. メリットとデメリット


    • メリット

    • 専修学校や短大の最大の魅力は、高い就職率にあります。サポートが充実している為、医療機関の情報を多く得る事ができ、90%以上の就職率があるところも沢山あります。また、専修学校では専門課程を修了すると専門士の称号が与えられます。どの学科にも修了時に取得できる資格が明示されているので確認しましょう。
      その他に医療機関での実習が行われ、患者様の対応やカルテの整理など実際の業務を体験することができます。また医療関係以外の講座も充実している為、コースによってはビジネスマナー、パソコン実習、簿記などの幅広い知識も得られます。

    • デメリット

    • 十分な時間と大学なみの入学金、学費などの費用が必要です。
      教育機関としては、充実しているのでじっくり学びたい人は、それなりの準備をしましょう。



  2. 選ぶポイント


    • 身につけたい知識にあわせ学校を選ぶ
      医療関連のコースを持つ専修学校では、コースが細分化されているため、学科の種類が多くあります。歯科の医療事務を目指している人は、歯科関連のコースを設けている学校もあります。
      また短大でも医療事務のカリキュラムが組まれている学校が増えているので自分の取得したい知識にあわせ学校を選びましょう。

    • 就職実績を確認
      就職率は高い傾向にありますが、実際に卒業生達がどんな医療機関に就職しているのか確認しましょう。あわせて就職のフォロー体制が整っているかも確認しましょう。

    • 働きながら受講できるか
      最近では、夜間のコースを設けている学校もあります。社会人で働きながら受講したい人は、そういった学校を選ぶと良いでしょう。




posted by 医療事務マスタ at 19:18| 医療事務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。